【NEWS】サークルDチャンネル公式のアパレルが販売詳しくはこちら

バックハンドストロークの基礎を3ポイントにまとめて解説

  • URLをコピーしました!

打点は安定しないし、飛ばないし、正直バックハンドは苦手です。
コツと練習法を教えてください。

土居コーチ

利き手とは逆なので距離がつかみにくいバックハンドですが、基本を押さえて克服していきましょう!

今回は苦手意識がある方も多いバックハンドの基礎をやっていきます!

▼この記事はこんな人向け

  • テニスを始めて5年未満の初~中級者
  • バックハンドでいい球が打てたり、打てなかったり安定しない
  • バックハンドの苦手意識をなくしたい

今回もバックハンドにおいて大事な【3つのポイント】を動画から抜粋して解説していきます!
安定したバックハンドを手に入れて、得意なショットになるまで練習してみましょう!

▼この記事を書いた人
かしわや(@circleD63801616)です。サークルDの立ち上げ、亜細亜大学硬式庭球部出身。社会人になってからは渋谷界隈のIT会社で働いていました。前職はアメリカのテニス選手アンドレ・アガシと同じ会社で働いていました。

STEP 1.ボールへの入り方と肩のターン

該当部分:動画1:09~1:55(クリックでYouTubへ)

両手バックハンドは体をしっかり使うことが基本になります。体のターンをして準備をするという事を必ずやっていきましょう。なのでターンをなるべく早い段階で終わらせておくターンをして調整のステップを入れてボールに入っていくことを意識してみましょう。

STEP 2.体全体を使って打つ

STEP1で肩のターンについてお話しましたが、相手に背中を見せるくらいしっかり右肩を入れて、足~腰~肩をしっかり連動させて打った後もグリップが顔の横に来る位までフォロースルーをしっかり行ってください。打点で止まるのではなく振り切ることが大切です。

フォロースルーを最後までしっかりするとかっこいいフォームになります

STEP 3.バックハンドは左手のフォアハンド

バックハンドは右手に力が入る方、左手に力が入る方、両方同じくらいの力の入れ具合の方様々ですが、バックハンドは左手のフォアハンドだと思っています。(あくまでも土居コーチの意見です)なので、左手でフォアハンドを打つ感覚で打つのがポイントです。インパクトのあたりで左手でしっかり押してあげる事が重要です。右手は添えるだけでOK

土居コーチ

右メインの方、左メインの方、両方バランスよく使う方様々いらっしゃると思うので1つの意見として参考にしてください!

STEP 4.各ポイントの練習方法

肩のターンの練習法

該当部分:動画4:05~5:55(クリックでYouTubeへ)

右肩が自分の視界に入るくらい上半身を回すのと同時に、左足(軸足)つま先の向きを横に向けてあげましょう。
つま先がまっすぐ向いていると腰回りが突っ張ってしまい体がうまく回りません。
なので右肩視界に入るくらいに回すのと同時に、つま先の向きは横向きにセット(俗にいうユニットターン)しましょう。ユニットターンはボールが出た瞬間に行いましょう。
バックにくるなと思った瞬間につま先の向き、体の向きをすぐ変えて距離を合わせてちょこちょこ動いて打っていくという意識です。

体全体を使って打つ練習

フォアハンドストローク基礎編と同じようにベースラインに両足を合わせて立ち、体を左にひねった状態から打っていきます。しっかり右肩を入れた状態から左足を蹴り上げる力を利用し腰~肩を回して全身使って打っていきましょう。
しっかり肩を回した状態から左足をしっかり跳ね上げるイメージで体を全身使って、フォロースルーまで持っていけることを意識していきましょう。

左手を使う練習

左手でフォアハンドを打ってみましょう。ぎこちなくても前にしっかり押していくイメージで打てればOKです。左手のフォアハンドを打ったら普通の両手バックハンドに戻します。その時に左手フォアハンドの感覚で打ってみましょう。左手で打つ感覚を養うことでボールの威力が増したり、当たりが厚くなって安定したショットになります
右手は添えるくらいにしておいて、左手でインパクトのところで前に押してあげるような力のかけ方を実践してみてください。

土居コーチ

左手でうまく打てなくても前に押してあげる意識をしっかりすればOK!
右手は添えるだけです!素振りでもその意識でやるだけでいい練習になりますよ!

STEP 5. まとめ

該当部分:動画11:03~(クリックでYouTubeへ)
  • POINT1
     肩のターンと同時に足を横向きにセットしてからボールに入る
  • POINT2
     相手に背中を見せる位肩を入れて大きく振り、フォロースルーまでしっかりと
  • POINT3
     バックは左手のフォアハンドのストロークを意識
土居コーチ

バックハンドは基礎中の基礎なので是非苦手意識を克服してください!
ありがとうございました。

この記事が気に入ったら
いいねしてね!

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!